2016年11月12日

後遺症を正確に伝える

後遺症が発生して弁護士さんに相談や依頼をするという場合ですが、弁護士さんがより交渉を有利に進めることが出来るように、必ず自分の置かれている状況などもすべて詳しくお伝えすることが大切です。例えば、事前にこのような情報を求められるケースがあると言えるでしょう。

まず初めに、交通事故の状況や、現在の通院履歴、どのような後遺症が残っているのかなど、具体的に、出来るだけ詳しくお伝えすることが大切です。診断書などを用意して、証拠として提出できるように準備をすることが必要になると言えるでしょう。

次に、後遺症がどのような状況なのか、必ず事前に医師に診断をしてもらい、経過観察、並びに、症状の状況を詳しく診断してもらうことが大切です。後遺症の状況鵜によっても、賠償金額などがアップする可能性が高いので、必ず事前に確認を行うことが大切だと言えるでしょう。面倒くさがらずに通院をしないという方もいるかもしれませんが、病院に通っている分、後遺症の存在に信ぴょう性を持つ可能性が高いと言えるでしょう。

このように、弁護士さんに依頼をするときには、事前にいくつかのポイントを押さえて、スムーズに交渉が進むようにケアをしていくことが大切です。